Zaifのトークンとは

仮想通貨を利用するにあたって、様々な専門用語が出てくることかと思います。
初めて仮想通貨を利用されるという方にとってはそういった専門用語って出てくるたびにどういった内容のものなのかと疑問に感じることも多くあることでしょう。
そんな仮想通貨を利用するにあたって必要不可欠となってくる専門用語であるトークンがあります。
よくトークンという言葉を目にしたり耳にしたりすることも多くあることかと思います。
ではそもそもこのトークンとはいったいどういったものなのでしょうか。

トークンとは英単語なのですが、その意味としては記念品、証拠、代用貨幣、商品券、引換券といった意味合いを持っている英単語となります。
仮想通貨においてこのトークンがどういったものであるかといった定義はありません。
ですがトークンは代用貨幣であるということが一番近い意味合いかもしれません。

仮想通貨については独自のブロックチェーン技術によって作った仮想通貨があり、それがビットコイン、イーサリアム、リップルといった様々な仮想通貨となっています。
そして一方でトークンについては既存であるブロックチェーン技術をそのまま使用して作った仮想通貨をトークンと呼んでいるようなんですね。
このトークンについては発行者が存在している、そして供給量を発行者が操作することができるという特徴があります。
これは仮想通貨とは大きく違う点だと思います。

このトークンの取引を最も多く取り扱っているところとしてZaifがあげられるんですね。
Zaifにおいてトークンを円やBTCに売買することができるようになっています。
Zaifでは仮想通貨だけでなく様々な種類のトークンも取り扱っているんですね。
Zaifにある取り扱っているトークンとして独自のトークンも含めると9種類となります。
その9種類の内容としてはまず独自のトークンであるZaifトークンがあります。
それからまた他にも、COMSAやstorj、BitCrystals、CounterParty、CAICAトークン、フィスココイン、ペペキャッシュ、ネクスコインといったものがあります。
これらのトークンの取引をZaifでは行うことができるんですね。

今までトークンとは何だろうと疑問に感じていた方もお判りいただけましたでしょうか。
Zaifでは取り扱っているトークンの種類が多いという特徴があります。
ほかにも様々なZaifにしかない特徴的なポイントもありますのでおすすめすることができる取引所となっているんですね。